このブログは、

スズキのVツインスポーツ TL1000R に乗る
「委員長」が不定期にお届けする、バイク生活の記録です

にほんブログ村 バイクブログへ  <-- その1クリックでTL1000Rの知名度が UP!

次の5件 >>


2015/1/9

謹賀新年

 本年も気がついたら開けていたような感じで、あっという間に一年が過ぎ去ってしまいました。
 昨年の頭に「月に一回は更新だ!」とか言っていたのに、結果はたったの五件のみ。
 いい加減、狼少年も真っ青な感じですが、五年ぶり長期休暇ツーリングの話も書ききってないし、リアサスのセッティング変えて新しい発見があったり、息子と時々タンデムするようになったり・・・とまずまずネタはありますので頑張ってアップしていきたいと思います。

 バイク以外にもミニ四駆とかプラモの話も混ざってくるかと思いますが、お暇なときにのぞいてやって下さい。

カテゴリ: 日常



2014/3/29

リターンレーサー

 ふと気がつけば、もう三月も終わろうかという今日この頃。
 年初に「月に一度は更新だ!」が低めの志・・・とか書いておいてすでに達成できていない有様であります。
 その間ブログの更新もしないで何やってたんだ? と思っておられる諸氏もあろうかと期待しつつ近況などを少々。

 年明けて二月いっぱいは、もう仕事が忙しくてとてもブログを更新する気力が湧かない状況だった。
 もちろん我が家のPCスペースが極寒で、寒がりの筆者がPCに近づかなかったのも原因の一つ。
 で、徐々に寒さも緩みを見せてきた今月は半ばにブルベという自転車変態祭りに参加してきたのだけれど、その準備やらでバタバタしておりまして。

 しかし、そんな中にあって筆者が心血の一部を注いでいたことがあって・・・
 それってなんなのよッ、ていうと

ズバリ「ミニ四駆」!


 このブログに親近感を覚えているような人には、なんも説明いらないよね!
 ウチの奥さん、ガンプラを器用に作るようになってきた長男と遊ぶべくミニ四駆に誘導したらしい。
 まぁ、ここまで超順調に理系男児に育ってきた長男のこと、見事に一本釣りされた訳で。
 でも奥さん、当の本人は不器用で指導はおろか自分の面倒をみるのも不安があるという始末。
 じゃあどうなるかって、筆者も巻き込まれて一家丸ごとミニ四駆ブーム到来ですよ。

 実をいうと今でもミニ四駆は大好きなんだけど、一度始めちゃうとのめり込むどころか真っ逆さまなのは容易に想像がつくもんで避けてきたんですよ。
 なのに、ウチの奥様は点けてはならぬ所に火を点けてしまった・・・。

 さて、前置きはこの辺にして。
 復帰組といっても、もう二十年以上のブランクですよ。
 正直な所、その昔は結構熱を上げて頑張ってたんで、
 「へっ、結局見掛けが変わってても基本は何にも変わっちゃいねぇんだろ?」
 なんてナメてかかったらトンでもない。

二十年前の常識が何にも通じなくなってるYO!!


 でも車両の仕組み、サイズ規定やら使ってるコースなんかはほとんど変わっていない。
 いや、項目によっては変更も見られる・・・ていうレベルでそのまんまなの。
 にも関わらずセッティングの基本みたいな所はもう全然違う。
 どうやらこの二十年の間に、ミニ四駆へ大変革をもたらすようなデバイスを考案した天才がいるようだ。
 と言う訳で、取っ掛かりの大半は情報収集に費やした。
 その後、車両と基本的なパーツを買い揃えたらそこからはひたすら構想を練る。
 毎週コースのあるおもちゃ屋さんに行っても自分だけはマシンを走らせずに必要なパーツを買ったり材料になるパーツを物色したり、手練と思われる大きなお友達の車両に目を光らせる。
 (ていうか筆者マシンは遅々として完成しない)
 奥様は「こだわりが強すぎると面倒なもんね」と呆れ顔(ていうかドン引き?)

 しかし、そんなことはお構いなしに小遣いをブッこみ、ブルベ準備の傍らで夜なべして、何度かのテスト走行を経て、ついに今日最終仕様で初の実戦投入。
 かくして・・・手塩にかけた愛車は思った以上に良く走ってくれました。
 その雄姿、是非見てやって下さい。

初戦仕様


 現時点ではもうこれ以上大きな成果を得られそうな変更は頭の中にはないので、また情報収集の日々に入ることになると思う。

カテゴリ: 日常


2011/10/16

コラボTシャツ?

 ちょいと前にユニクロが限定企画で自転車のメーカーとして著名なコルナゴ(だったと思う)とコラボしてTシャツを発売していた。
 こんな感じでメジャーなアパレルが、来客の大半が全くそのブランドを知らないのに企画商品を作って店頭に並べてくれるなんてのは実に珍しい事。
 ・・・なのではないでしょうか?

 しかし、筆者の後輩が全国チェーンで服を売ってるメーカーで見つけたのですよ。
 なにをってね、

 TLのプリントされたTシャツっすよ!

 ひょっとしたら、その道の人(?)にはすでに知れ渡っているのかもしれないけど写メを見た時には驚いたのなんのって。
 ついに来たかTLの波が・・・と思ったかどうかはともかく、筆者の近所の西松屋には置いてなかったんで一着押さえてもらった。
 で、この間の広島ツーリングで訪れた際にタダでいただいて来た。
 (活字にしてみるとなんて図々しい奴だ、て思わざるを得ないな自分・・・)

TLTシャツ  早速ウチの長男に着せてみたりして。
 ちなみに濃いオレンジと青い袖の重ね着に見える仕様になっております。
 どうもスズキ非公認商品で鉄板な感じだけど、これはどう見てもTLでしょう?
 しかし、この商品企画した人がTL乗りだったら素敵かつ納得なんだけど・・・でなければ何でこうなったんだか。
 真相を知る人は是非お教えくださいませ。

カテゴリ: 日常



2011/02/03

免許を更新して来た

 ここ最近ちょいと更新が滞っておりましたが、これは決してさぼっていた訳ではない、という件について。
 実は当家の7年物のPCがついにダウンしてしまいまして。
 ハードの問題と言うよりはどちらかというとどうもOSのせいである可能性が高いのだけれども、いい機会だと思って買い換えに踏み切ったのだ。
 えぇ、もちろんそれさえなければ極寒のPCエリアで毎日更新していましたとも!(八割くらいウソです)

   で、このたび五千円ばかりの出費と奥様の連日の努力が実りこうしてブログ更新できる喜びを噛みしめているのです。
 妻よ、ホントにありがとう。


 ・・・というわけで、ようやくここからが今回の本編。

 五年に一度の社会的通過儀礼。
 まぁ要するに免許証の更新に行ったですよ。

 いきなりですが、何はともあれ一番の難関は視力検査なんですよ奥さん。
 でもね、ウチの奥さんのマイミクさんと同じで眼鏡屋で視力検査したら「免許更新であれば問題ないレベルですね」とか言われてしまって。
 そう言われても不安なモノは不安なわけで、一計を案じてみた。
 別に大した事ではないのだけれど、月曜日に有休を取って更新に行くことにしたのだ。
 なぜならば日頃の仕事でPCの画面ばっかり見てるもんで、その直後はホントに視力が下がっている実感がある。
 だからほとんど画面を見ないで土日を過ごし、目を休めてから検査に挑もうと。

 直前に目薬も使って緊張しながら視力を測定。
 片方の目が0.3!
 でも反対の目が踏ん張ってくれて0.7以上をマーク。
 なんとか検査をパスすることができた。
 視力の偏りがでると悪化が速いらしいんで、免許とは関係なく、とりあえず眼鏡は作りに行こうと思った。

 さて、ここさえ突破できればあとはオマケみたいなもの。
 悠々と各窓口を渡り歩いて講習室へ。

 え、50分待ち!?

 講習は一時間刻みで行われるので正に最悪の待ち時間である。
 どうしたものかと少し迷ったが、バッグにポメラを入れていたのでブログの下書きに精を出すことにした。

 で、筆者のように待ちぼうけを食うはめになった人が他にもいたのだけれど、対応している講習の監督者の腰がえらく低い。
 その五十くらいのおっちゃんは聞き間違いようもなく、講習を受ける人を「お客様」と呼んでいる。
 それがいいのか悪いのかは別として、いつだったか(て五年前だろ?)に受けた監督者の偉ぶった感じとは随分と違う。
 驚きはそれだけにとどまらず、講習が始まって注意の前説では更なる驚愕の発言が!
 寝てしまっていびきをかくと周りの迷惑だ、の弁はごもっとも。
 でもその後に「そっと目を閉じて聞いてくれる分には良い」とまで言う。

 居眠り容認!?

 いやはや、役人の事なかれ主義もここまでくればもはや感心して言葉も出ない。
 良く知らないのだが、こないだ散髪屋の大将に聞いた講習のテキスト代とかに仕分けの手が入ったとかいうのと関係があるんだろうか。
 それとも世の車離れを少しでもなんとかしたい車メーカーの圧力?
 まぁ不快感が減って、更新も無事に終わったのだから何の文句もないのだけれど・・・

 本当にこれでいいんだろうか?

カテゴリ: 日常


2010/01/03

故郷より帰還

 皆さん、あけましておめでとうございます。
 今年もTL推進委員会をよろしくお願いします。


 さて、皆さんは今回の年末年始いかに過ごされたことでしょうか。
 筆者はつい先日、年末の帰省より無事に帰宅することができました。
 今年の年明け前後の大雪は大そうな降りだったようで、中国自動車道の通行止めが解除されるか否か、帰途に就く前夜までヒヤヒヤする羽目になりました。
 なんとか高速から降ろされる事態は回避されたのですが、本当の罠は中部地区に仕掛けられていました。
 とにかく渋滞が嫌いな筆者は中国自動車道から吹田JCTに突入せず、舞鶴若狭道路を経由して湖北周りで帰るルートを選択。
 木之本IC.辺りまでは実に順調そのものでしたが、そこから先の山は徐々に雪深くなり、伊吹山の麓を回る国道365号の山越えでとうとう足止めを喰ってしまいました。
 雪の量と、除雪車がちゃんと出ている事、車列の動き方から大体察しはついたのですが、原因はやはり事故。
 行きに通った、国道よりももう一本山寄りの農道との交差点でやらかしていたようです。
 そこを乗り切るのに随分と時間をロスしましたが、出発をしっかり早めにしたお陰で21:30くらいには家に着きました。
 その日はもう疲労困憊で、最後の休憩をとったジャスコで買ってきた惣菜をつついて即就寝。
 今年初めてのロングドライブを無事に終え、このまま無事故で年末を迎えたいと切に願う連休の終わりなのでした。

カテゴリ: 日常


ページトップへ↑