このブログは、

スズキのVツインスポーツ TL1000R に乗る
「委員長」が不定期にお届けする、バイク生活の記録です

にほんブログ村 バイクブログへ  <-- その1クリックでTL1000Rの知名度が UP!

次の5件 >>


2008/11/22

靴を新調

 今日は朝に予約しておいた歯医者の時間をずらして、小牧のライコランドに行ってきた。
 目的は表題の通り、バイクシューズ(ブーツ?)の新調。
 今通勤に使っているエルフのシューズが限界をはるかに超えているので、同じ型の「 TERRE(テラ)01 」というのが出てからずっと目をつけていた。
 まぁ目はつけていたが、いつもの事、お金が捻出できないまま時が過ぎていた。
 そんなある日、ポストに入っていた早目の冬セールのお知らせ。
 そこに「一日限り、在庫限定10足まで、40% OFF」というのがあった訳。
 これまでの筆者は、こういった限定セールで物を買った事がなかった。
 別にお金に困ってないとかそういうんじゃなくて、欲しい物が対象商品にないとか、タイミングが悪いとか・・・何より「即決断できない」のが原因。
 今回は、泊まりのツーリングがお流れになってお金があったのが大きかった。
 これで雨の日の通勤は毎回靴下浸水する・・・なんてことのない、快適ウォータープルーフ生活の始まりである。
 できる事なら、色は今までのと同じ青とか、赤が欲しかったのだが、そこは在庫限定セール。
 欲しかったサイズが合っただけでも良しというもの。
 こうして見ると茶色も落ち着きがあっていいんじゃない?

カテゴリ: バイクライフ



2008/11/18

明宝ツーリング その1

 先週ちらっと触れたツーリングの話。
 岐阜、愛知の境目とか、もっぱら岐阜の山へ繰り出す人達の間でメジャーな集合場所の一つ「岐南のオアシス」を出発して、どこを通ったのかもよく分からないまま、気が付けば国道156号。
 橋を渡って少し行くと「道の駅 美並」に到着。
 この辺りは木の種類の問題か、紅葉というほど色彩豊かな山はなく、駐車場は閑散としていた。
 ただ、もう今シーズンのカウントダウンが始まっていることもあって、締めのツーリングなのかいくつかのグループが出動してきている。
 少々寝坊して朝食を抜いていた筆者は、ここでチップスターにてカロリー補給。
 この後の戦いに備える。
 かくして、ここを出てからはめくるめく山中行軍となった。
 前の日記に書いた通り、駒ヶ根ツーのおかげか筆者は低温路面と落ち葉におびえつつも、実に良い調子。
 走り慣れた岩屋の入り口で、隼の御仁と流れ解散して「いざ!」と思っていると、なにやら様子がおかしい。
 無論、TL-1000R の調子が悪いのではない。
 沿道にちらほらと立てられたのぼり。
 どうやらここにマラソンだか駅伝だかが来るらしい。
 選手を乗せたマイクロバスや低速の伴走車なんかがいるせいで、この貴重なコースナレッジのある区間はスロー走行を余儀なくされた。
 しかも、中間地点の橋から先、馬瀬方向への道がバリケードで封鎖されている。
 心の奥底から呪詛をひねり出す筆者をよそに、隊長は明宝への山越えルートへと舵を切った。
 右の写真は、ダムで休憩中の1コマ。
 写真右のテントからBBQのめっちゃウマそうな香りが・・・

カテゴリ: バイクライフ


2008/11/10

不精者なので・・・

 こないだの日曜日は、かねてからの予定通りツーリンググループに混ぜてもらって走ってきた。
 仲間内では地図トレース能力の高さから先導役が多い筆者。
 けれどこのグループでは完全にひよっこ扱いなので、少々やんちゃを働こうが、図に乗ろうが、生暖かく見守ってもらえて実に居心地がよろしい。
 で、このたびは前回の隊長が急用で欠席となり、ZZ-Rの兄貴と二人っきりなのかと思いきや、意外にも4台でのツーリングになった。
 コース前半の山ではこの間の400km超えツーの成果か、始めから違和感なく身体が動かせる。
 意外なほどの調子の良さだった。
 がっつり防寒装備の筆者に対して、冬将軍の影を察知できなかった兄貴達の走りは高度が上がるほどに苦しそう(つらそう?)。
 いつもの「あっと言う間」とは違って、なんとか着いて行ける。
 だが、気を良くして走っていると下りでここ最近の「いつものアレ」が来た。
 それは・・・リアブレーキのベーパーロック。
 初めてこれを経験して「フルード換えなきゃ」と思ったのは一体いつだったろうか?
 以来、狭路で下りに入ると、山一つ下りきる前にこの症状が来るのだ。
 筆者に出来るのは、リアブレーキが冷えるまで耐えることだけ。
 リアブレーキを失ってからの走りはそれは哀れなもので、ブレーキング自体が甘くなるわ、ドンツキが緩和できなくなって開け始めが遅くなるわで、減速/旋回/加速の全域に渡ってもうヘロヘロ。
 今週末こそはフルード交換するぞ!
 ネットで全世界に向けて有言実行じゃあ!

 良い子の皆は、ちゃんと定期的に交換しようね!
 リザーバタンクレスとかにして、容量が減ってるお友達は特に注意だぞ!

カテゴリ: バイクライフ



2008/10/28

横長テレビで見る指輪物語

 少し前の話になるが、我が家に42inchの液晶テレビがやってきた。
 これでモータースポーツを観ると、今まで端っこがカットされていたという事実がよく分かる。
 なぜなら、先頭集団の後方でコーナーを立ち上がってくる「あの選手」が見えるようになったからだ。
 その迫力をもってして観たいと思っていたのが、冒頭の 「指輪物語」 である。
 今までのテレビだと、映画は上下に余白ができて、画面の大きさの割りに小さな映像を見ることになってしまう。
 横長のレグザ様でならば、さぞ大写しになって細かいところまで見えるハズ! という寸法。
 3部作、かつ一編が結構長いこの作品は、その長さゆえに賛否両論なところだが、筆者はこの作品がかなりのお気に入りである。
 映画館に同じものを複数回観に行ったのがかなり珍しい事なのはもちろん、こうしてDVDまで買ってしまった作品はこれくらいのものである。
 前回の日記に出てきた 「TRICK」 も大好きなんだけど、こちらは長過ぎてDVDレンタルが限度だった。
 それはさておき、やっぱり指輪物語は良い。
 魔法使いガンダルフの「魔法」てのが地味で「カスタムは性能が上がって見た目はノーマルっぽいのが好き」という筆者の感性にジャストミートなのだ。
 で、第一部の中盤、エルロンドの屋敷で死の淵から目覚め不安げなフロドに、ガンダルフが「今日は10/24だ」と声をかける。
 映画鑑賞していた金曜日の夜・・・その日は10/24だったんで、その偶然にちょっとビックリした。

カテゴリ: 日常


2008/10/21

駒ヶ根ツーリング その3

 ソースカツ丼でカロリーを補給したあとは、ひたすら山の中を走り続けるという今回のメインイベントの始まりである。
 筆者は隊長にひたすら引っ張られて走るばかりで、どこをどう走っているのかさっぱり見当が付かない。
 だが隊長もやや見当が付いていない区間があるようで、災害による通行止めも含めて何度かUターン。
 序盤はTLにうまく乗れていなかった筆者だったが、走行距離も200kmを超える辺りになると、ようやくいい感じで走れるようになってきた。
 二回目の休憩で、隊長が言うには、
 この先で「生TRICK」が見られるよ。
 トリックってあの「上田!」のあれ?
 そうそう、と隊長は言うが、意味ありげな笑みから察するに、どうやら仲間由紀恵に逢える訳ではなさそう。
 かくしてたどり着いたのは伊那市「分杭峠」
 詳しいことはよく分からないが、どうやら磁場の作用か何かで身体に良いのだとか、痛み等の症状が快方に向かうとか・・・
 怪しさ大爆発です!
 何がある訳でもない駐車スペースには・・・いや、そこからはみ出して狭路の脇にも車がえらい止まってる。
 で、そうしてここまで来た人達が右の写真のように山道を少し下った斜面に集ってるんです。(森林浴・・・?)
 写真左下辺りには湧き水が出てるそうで、ペットボトルに水を汲んでる人の姿が。
 小心者の筆者はヅラ刑事に変死体で発見されるのが恐くて、遠くから写真を撮るのが精一杯でした。
 皆さん、健康になりたかったら、とりあえずコレ!-->>
 いっときましょう!
 飲むんだったら、初心者には大麦若葉がオススメです。
 いずれにしろ草の味がしますが、さほどエグくないんで。
 22包、798円也。

カテゴリ: バイクライフ


ページトップへ↑