このブログは、

スズキのVツインスポーツ TL1000R に乗る
「委員長」が不定期にお届けする、バイク生活の記録です

にほんブログ村 バイクブログへ  <-- その1クリックでTL1000Rの知名度が UP!

次の5件 >>


2017/6/25

ガソリン漏れ再発

 ツイッターでは既報(4月の話)なのだが、補修と再発を繰り返しているTLのガソリン漏れについて、ようやく解決をみたので記事にしてみたいと思う。

 さて、色々と考えられる手立てを講じて慎重に行った補修が、残念ながら決め手にならなかったというのが前回までのお話。

 穴塞ぎのパテはまだ一回分あるのだけれども、もう秋も深まってきたこの頃、またコツコツパテを剥ぎ取って…なんてしてたら硬化に必要な気温が担保できなくなること請け合いだ。
 それに何より根性が続かない。
 という訳で、補修から交換に方針転換してタンクをオークションで入手してみることにした。

 初めてヤフオクを使ったので随分と緊張もしたけれども、出品者の対応は早く、あっさりとタンクは我が家にやってきた。
 現物を確認すると、ポンプ取り付け面の錆と欠け、中にも幾ばくかの錆がありはするけれど、まぁ7kならそれも仕方ないかと。
 一応、SBSのメカさんに使用可否を一見してもらったところ「使えるんじゃないかな」との事だったので、早速、花咲かGをポチッとした。

ゴム栓  何はともあれタンクの錆取りなんて初めての経験で、全体的におっかなびっくりではあったのだけれど、中でも面倒だったのがタンクの栓を作ることだった。
 キャブ車のタンクと違って、上側にはタンクキャップ穴、下側にはポンプ穴があるんで、どちらか一方を塞がないと錆取り剤を満水投入できないのだ。
 それで平日の夜にコツコツと作ったのがこちら。

 結果から言うと、しっかりと役目を果たしてくれる物ができた。
 あとは錆取り剤希釈用に灯油タンクと、作業用のジョウゴとポンプを買って準備完了。
 タンクに花咲かGの溶液を満たしていざ錆取り開始!
 …てなんか泡立ち過ぎじゃない?

泡だらけ


 二週間ほどタンクの角度を変えたり、そのために溶液を出したり足したり。
 錆の全てが落とせたのかくまなく検査する方法はないけれど、ポンプ穴からカメラを突っ込んで撮った写真のビフォーアフターがこちら。

取れた!


 手を突っ込んで探ってみると、ちょいとイヤな感じがする所もあるものの、ほぼ錆を退治できたと思われる。
 あとはプロのメカさんにバトンタッチである。
 今回は車検を兼ねての入庫になるのだけれど、ガソリン漏れてるなら引き上げに来てくれるとの事。
 せっかくなのでそうしてもらう事にしたのだけれど、よりにもよってその日にドカ雪が降るとか…  夜の引き上げだったのだけれど、家の前で雪かきと氷の除去に大汗をかく羽目になってしまった。
 まぁこれも完全復活に向けた産みの苦しみ…と思って元気になったTLとの再会を楽しみに待つとしよう。
 ・・・というのが年も明けて程ない頃のお話。

 それからというもの「早く乗りてぇ」「早く暖かくなりやがって下さい」と日々祈りを捧げた甲斐あって(?)ついにご帰宅と相成ったTLちゃん。
 久しぶりだし、浮かれないで安全運転で帰らなきゃね〜…

 イイィヤアァッフオォォォオゥッ!!!

   何でもない幹線道路でも、やっぱり久しぶりのバイクは楽しすぎる!
 中古タンクの具合が気になりはするけれど、ひとまず結果が分かるのは一晩越して気温が上がる昼間に至ってから。
 少なくとも今日は経過観察のために家に上げてあげられない。

 そして翌日の帰宅時。

 漏れとるやん!(TДT)

 よくよく観察すると、やはりあのシール面が歪んだ部分が問題のようだ。
 かなりがっくりくるが、ここは冷静にならねば。
 まずは現状把握、という事で経過観察を続ける。
 数日に渡る観察と(我慢出来なくなって)試しに通勤で乗ってみた所、どうやら漏れはだいぶん軽微なようだ。
 止まってしばらくはタンク内が負圧なので漏れず、長時間の駐車でも直射日光を避けてタンクの下にウエスを突っ込んでおけばどうという事は無さそうだ。
 今思えば、歪みのあったシール面をちゃんと平らげておけば完治できていたのかもしれない。
 残念だが、こうなったら二の矢を放たなければならない。
 回収したオリジナルのタンクにできた亀裂を溶接補修に出すのだ。

 最近はその危険性からガソリンタンクの溶接補修を避ける業者もあるというが、幸いなことに筆者の限りあるツテである所の御仁に手配していただけた。
 これをワイヤーブラシでゴシゴシやって、後にスプレーをシューっとやる。
 補修箇所だけでなく長年ケーブルなんかと擦れて塗装がはげていた所も含めて広範囲を塗っておいた。
 タンク裏で、表面の仕上がりとか全く気にしなくても良いので気楽なものである。

 その後、なんとか予定を調整してタンク交換の算段がついたのは4月も終わり間近の週。
 ここを逃したらミーティングへの参加が危ぶまれる…という状況のなか、天気予報はそこだけ雨。
 なんとか作業当日の午前中は雨が落ちることなく天気はもってくれた。

 タンクの再交換を終えて帰宅の途に就くと、間もなく雨が降り始めた。
 帰宅する頃にはすっかりずぶ濡れになっていたが、これで一連のガソリン漏れ騒動が落着するのかと思えば、さしたる問題ではない。

 春のTLミーティングまでの一週間、祈りながら経過を観察してみたが、再発の兆候はなく、無事に浜松の地にたどり着くことができた。
 大変お世話になったメカニックTさんにはただただ感謝である。

カテゴリ: バイク メンテナンス



2016/8/28

ガソリン漏れ

 それなりに老朽化してきている筆者のTL。
 去年あたりからか、停車中に「排気漏れかな」と思われる臭気を感じる事がしばしばあった。
 その内ちゃんと調べてもらわなきゃなぁ…と思いながらも、それほどの危機感もなく過ごしてきたのだが、事態が急変した。
 それは龍神スカイラインへツーリングに行ってから一週間が過ぎたある日の事、家の中がのっぴきならないガソリン臭で大変だ、と嫁からのメール。
 急いで帰宅してみると、TLの下に盛大なお漏らしが。
 その日の夜は掃除してからTLをガレージスペースから外へ出して、様子見することにした。
 かくして翌日。
 事の成り行きを心配して嫁が夕方時点の様子をレポートしてくれたのだが、やはり臭気があり、ガソリンが漏れているのは間違いない事実であると確定。
 そうなると次の問題は「どこからか?」という事である。
 翌朝、出社前に車体を揺すったり、メインスイッチONでポンプを回してみたりしたら…

 で、でーたーッ! タンク右下の端からこっそり滴り落ち奴ぅーッ!

 いやいや指差してる場合や無いって!
 急ぎタンクをリフトアップ。
 どこやどこや、と覗き込んでみると…
 ありましたよ、5mm弱の亀裂が。
 直接的な原因が分かり、少し冷静になって見てみると、亀裂が生じている辺りのタンク形状がどうもおかしい。
 なにやら反対側にはない凹みがあって、それは直径50mmくらいの円筒でどつかれた跡の様に見える。
 (左の円弧状の点線の少し下)
 この大きさの写真で分かってもらえるだろうか。

人為的?


 こんなタンクの裏側、自分じゃほぼ触る事ないし、イタズラされたと考えるには外からのアクセスが困難過ぎる。
 そう考えると、なんだか犯人はかなり絞られてくるのだけれど、真実を知ることが全てじゃない…て歌もあるんで、これからの事を考えよう。

 色々と思案した結果、筆者の出した結論はひとまずパテで補修。
 その一方で溶接屋さんをあたってもらいつつガスケット類交換の見積りをしてもらう…と。

 まぁ亀裂がだいぶん小さいんで、あわよくばパテだけでなんとかならんかな〜とか。
 それにしても、これから一体どんだけのアクシデントと出くわすのか…
 今思えば「いやー丈夫だわー」とか言ってないで換えとけば良かったパーツあれこれが脳裏をよぎる。
 いよいよ旧車乗りであるという自覚が生まれてくるというものだ。

 週末に早速パテを物色しに最寄のライコランドを訪れた。
 補修ケミカル類のコーナーをキョロキョロすると、あっけなく目的にあった商品が見つかった。
 デイトナが輸入しているパーマテック製「メタルコピー・ガスタンクリペア」というエポキシ系のパテ。

 その夜、まずはハンドリューターと紙ヤスリを手に患部の塗装剥がしからスタート。
 周囲の空間が狭く、出だしからもう効率が悪いったらない。
 なんとか写真の状態までもっていけたのが深夜の1時頃。

やっとこさ


 今日はここまで、と思って写真を撮ったのだけれど、悪い虫が「ここまできたらもうちょいじゃないか」と囁く。
 いやいや、でもこの時間もうあかんやろ…って、

 なんでパテ練り始めちゃった自分ーッ!

 という寸劇ののち、これが補修完了時の状態。

埋まったのか?


 ここからちょっとづつ給油量を増やしながら、漏れの再発がないかテストを実施中。
 今のところ、最大タンク五分目まで給油して異常なし。
 このまま何も起こらないことを祈る。

カテゴリ: バイク メンテナンス


2016/8/21

龍神スカイラインへ

 梅雨明けが待たれる7月の中旬、長らくお世話になっているツーリンググループの企画に乗ってTLを走らせてきた。
 今回は目的地が少々遠いこともあって、亀山に6時集合という、朝にめっぽう弱い筆者には大変なスケジュール。
 用意も含めて朝は3時起きになる公算で、寝過ごしたら大人しく家族サービスでもしよう…と弱腰で就寝。
 しかし、珍しくちゃんと起床できて、予定通り出発することができた。

 堤防道路を走っていると、段々と空が白み始めてテンションは上向き加減なのだけれど、どうにも雲が厚い。
 やがて高速に乗って走っていくと、いよいよ湿度が高くなり、もう霧でウェアがペッタペッタやん…

 てか雨降ってるし!

 もう本当に「こりゃだめだ」と思いつつ亀山についたのだが、事前の情報からの欠員は仕事が入ってしまった一人だけ。
 集まった五人でどうしようか相談になったが筆者は悲観派の急先鋒。
 しかし隊長含む楽観派の二人に押されてカッパを着て西に向かうと、ほどなく晴れ間が出てきた。
 途中でカッパを脱いで針TRSに到着してみると、こんな不安定な天候なのに結構な数のバイクが集まっている。

みんな好きねぇ?


 こうなればもう「いくっきゃねー」訳で、名阪国道をあとに隊長に引っ張られながらワインディングをダカダカボガァーと走り抜ける。
 正直きちんとついていくのに一生懸命で、どこを走ったのかもよく分からないままひたすら山間を進む。
 相変わらず文句なしのルーティング、しかも若干雨に降られたものの、ほぼドライな路面を楽しむことができた。
 山の上なので天気が危ぶまれた龍神スカイラインもタワーの手前までドライ。
 タワー付近では路面は濡れ、霧で極端に眺望…というか視界の確保が難しい状況だったが、風景を楽しみに来たのではない筆者達はほぼノーダメージ。
 ちなみにタワー前駐車場の状況がコレ。

視界真っ白


 とりあえず開店直後でガラガラの食堂に入り、かなり早めの昼食をとって復路についた。
 帰りも往路に寄った道の駅「吉野路大塔」で休憩。
 この時、メンバーの一人が復路を少し変更してダムカードをゲットしに行きたいと提案。
 カードを集めている筆者は、当然これ幸いと推進派に加わった。
 ほどなく話がまとまってダムへGo!
 隊長のナビにお任せでたどり着いたのは「津風呂ダム」。
 ここのダム湖ではバストーナメントが行われていたようで、筆者達が到着した時には正に表彰式が始まる所だった。
 釣りをしない筆者には良く分からないが雰囲気からして、この人達も随分と朝早くから頑張っていたのだろう。

表彰式


 そんな様子を横目にいそいそと管理棟のインターホンへ急ぐ筆者。
 ダムカードを集めていないメンバーは「え、それ押しちゃってイイの?」てな雰囲気だったけど、収集家メンバーは至って自然にポチリ。
 係員の方を呼び出してカードをありがたくゲット!

表彰式


 良い手土産が出来たとホクホクしていると、なんともう一つ簡単に寄られるダムがあるという。

 これに乗らない手はない、てことで行きたい寄りたいと手を挙げて「室生ダム」へ。
 またしても管理棟のインターホンで係員の方に出てきていただいてカードをゲットした。

表彰式


 その後はほどなく名阪国道に出て一路亀山へ。
 今日のよしなしごとをぼちぼち語らって解散となった。
 愛知の北の外れに住む筆者だが、東名阪の渋滞にうんざりしつつも19時前に無事帰宅できた。
 走行距離600kmちょい。
 久しぶりのツーリングらしい走行に満足の一日であった。

カテゴリ: バイクライフ



2015/8/31

ブーツを新調した

 レーシングブーツを新調した。
 今履いてるSIDIはまだまだ走る分にはとても良い具合なのだけれど、さすがにプラスチック部分の経年劣化はいかんともし難く、そろそろ潮時ではないかと。

 次もやっぱりSIDIで、と思ってネットで調べてみるとブーツが高いこと。
 ラインナップの下位クラスにはなんとか3万円を切る物がある、といったレベル。
 そんな中で筆者が目を付けたのがSIDIの「FUSION」という商品。
 相場なんてもうすっかり忘れていて、やっぱ結構するなぁと思いつつ買い物かごに入れたのが確か5月の終わりだったか。
 八月に入ったある日、不意に買い物かごから商品が消えていることに気がついた筆者。
 放置してたら自動で削除されるのかな、と思ってもう一度そのショップのページに行ってみると「欠品」の表示。
 しまった、と他のショップを一軒、二軒と当たってみたが時すでに遅し。
 では、とアルパインスターの商品も当たってみるが、やはりダメ。
 サイズによっては、というのもあったが筆者の欲しい所は真ん中の辺なので望みが持てない。

 そんなこんなで、久しぶりにリアル店舗をまわってみることにした。
 久しぶり、といっても冬にグローブを新調したから・・・もう半年以上経ってるよ。

 まず訪れたライコランドでアルパインスターのS-MX6 BOOTでサイズをみてみると41が丁度いい感じ。
 SIDIだと42だったのに・・・て今思い出した。。。
 確か現品在庫処分で安かったんだっけ。
 それでその時も3万円切る値段で買ったような・・・
 そうそう、で中敷きでサイズ合わせたんだっけ。

 何はともあれ、もう少し見てみたいな・・・ということで日を改めて他のお店も見ることにした。
 ・・・したのだが、店頭在庫というものがとにかくない。
 アメリカンに乗ってる人がよく履いているような、くるぶしちょい上の皮ブーツはそれこそ色々ある。
 だが、いわゆるレーシングブーツに限って言えば、お店によってはそもそも取り扱っていない所もあるという状況。
 むしろオフロードブーツの方がまだ置いてある印象だ。
 結局、最初に行ったライコランドでみたアルパインスターの黒い奴が一番ニーズに合ってて、それをお買い上げ。
 ネットよりも消費税分くらい高かったけど、初めて買うメーカーの物を実際に履いてみて選べたので良かったのかな、と。
 そして何より頑張ってるリアル店舗を応援出来たのではないかと思うと満足のいく買い物だった。

正面側は比較的なんともなさそうに見えて・・・
結構大丈夫?

踵周辺はもうバリンバリン(笑)
とは言えないなぁ・・・

カテゴリ: バイクライフ


2015/8/30

オイル漏れ

 ここ一、二年で馴染みのものがいくつか失われて、なんとも言えない喪失感があったのだけれども、考えてみればこの土地にもう何年と言わず住み続けているのだから、要するに迎えられる側から見送る側になってきたのかな・・・なんて考えている今日この頃の筆者。
 なんでまた唐突にそんな話を、という声が聞こえてきそうな雰囲気だけど、実は今年の二月いっぱいでずっとTLのメンテをしてくれていて、エンジンのオーバーホールを二回とも請け負ってくれたメカニックの方がSBSを去ったのだ。
 おいおい、二月の話題かよっていうツッコミもあろうが、まぁまぁ聞いて下さいよ。

 筆者のTLは車検の有効期限が五月まであるのだけれど、できれば最後に一回見てもらおうと二月に車検に送り出した。
 同じ考えの人は他にもいたようで(含む嫁)、予定は立て込んでいたようだけど、快く引き受けていただいた。
 受け取ってからチョイ乗りはしたけれど、本格的にツーリングしたのは五月、GWにLynnさんと黄色TL二台でのツーリングが最初。
 ※Lynnさん直リンク失礼します

 さすがに車検上がりのTLは調子が良い!
 連休なのもあって車は多かったのだけれど、Lynnさんのルートセレクトのお陰で実に気持ちよく徘徊できた。
 ・・・で、そのあと。
 少し経ってからふと見たガレージの床(TLの下)に

 オイル漏れとる・・・(@数滴のレベル)

 嫁は「その子の前で別のTLに乗ったりするから泣いてるんだ」とかオカルティックなことを言い出すし。
 筆者は、まぁこの位のことならば・・・と見なかった事にした(笑)
 だが当たり前のことながら、こういった不具合が放っておいて勝手に良くなる事は絶対になくて、症状はどんどん悪くなるものだ。
 もちろん筆者のTLにも勝手にかさぶたができたりすることは無い訳で。

 別の日にとある都合でバイク出勤したときの事、恐る恐る地面をのぞくと、やはりオイルが・・・しかも量が増えてる。
 その後もチョイ乗りするたびに徐々に症状は悪化していく一方。
 たまらずにSBSに相談するが、冒頭のメカの方が抜けた穴は大きいようで全く整備の依頼がはけずに回っていない様子。
 今のメカの方と直接話をさせてもらう余裕も無い様で症状やら細かい事を伝えることもできず仕舞い。

 やはり、頼れるのは己が対の手のみッ!

 恐る恐る、まずはガレージの配置上開き易い右のカウルを外してみた。
 まずは下からオイルの痕跡を辿っていか・・・

 隊長! ココに出口がッ!

 何気なく見渡すなり素通りできない違和感。
 クラッチカバーを留めているボルトの一本が緩んでいる。
 緩んで、というか、もう座面が浮いて1mm強の隙間が空いている。
 なんとなくオイルがしたたり落ちたり、カバーの隙間から飛び散ったような跡が残っている。
 ふぅ、じゃあこのボルトを締めれば万事かいけ・・・

 ナメてる・・・ ( ;∀;)

 だよね。
 分かっちゃいたんだよ。
 単純な締め忘れじゃ無いんだろうなって。。。
 ココを触るのはSBSを去った兄ぃしかいないし、これを気付かないなんて事こそむしろ有り得ない。
 まぁ随分とお世話になったし、ここは自力でなんとかすっぺ。
 気を取り直して、まずはボルトの長さとタップの掛かりの現状把握。
 ボルトはフランジ付きの六角ボルトで6X25。
 普通のMネジだ。
 ネジの掛かりは5mm程度。
 筆者の常識から言うと、M6ネジが深さ5mmしか切られていないってのは考え辛い。
 なのでガレージをゴソゴソ探索して・・・ありましたM6X30キャップスクリュー。
 ドキドキしながらねじ込んでみると幸いなこと、手で力いっぱい締めて座面の隙間1mm未満まで入る。
 そうとなればもう峠を越したも同然。
 ホムセン(僕らのカインズ)でステンのボルトとワッシャを買ってきて慎重に締め付けたら修理完了!
 他にも出所がある可能性はあるけれど、恐らくこれで一番の穴は塞げたはず。

 試しに少し乗り回してみたけれども、アンダーカウルの中やエンジン下回りを掃除したこともあってか、今の所漏れは見られない。
 まずは一安心、である。

カテゴリ: バイク メンテナンス


ページトップへ↑