SV1000S

母になっても〜子供を産んだライダーの実録

 ふと気が付けば、2児の母に!?
 妊娠5ヶ月までバイクに乗り、出産後1ヶ月でライダー復帰した管理人が、産休前後にまつわるノウハウをまとめました。
 今後も随時更新していきます!

産後(6年後)

 このサイトを立ち上げた頃は、まだ「出産」から間もない時期だったので更新にも力が入りました。
 でも、現在上の子を出産してから6年、下の子でも4年は経過してしまった(2012年現在)のでもう「産後」というカテゴリーでは発信する立場ではなくなったなぁと感じます。

 ですが、「子供を産んでからバイクを降りた」「いつかはリターンしたいけど、そんなのいつになるかなぁ」という女性ライダー(元ライダー)とも出会ってきましたし「小さい頃ライダーに憧れていたから、子育てが終わった今、挑戦したい」という同年代の女性ライダーともお話しする機会があったのでまだ、このサイトを続けていく意義は失われていないようにも感じます。
 それに、今は「子供を生んだ女性ライダー」へ向けて発信している当サイトですが、いずれは「お姉ちゃんを卒業しちゃった大人女子ライダー」に対して広く情報発信・共有できるサイトへと育てていきたいですからもう少しの間、気長に当サイトにお付き合いいただければ幸いです。


 さて、2012年現在で産後6年が経過しましたが、ワタクシ、まだしつこくバイクに乗っております!
 二年毎の車検が降りかかるたびに「うぎゃぁぁ!ほとんど走ってないのに!!なんというコストパフォーマンスの悪さ!!!」と悶絶を繰り返していますがそれでもまだ降りていません。
だって、車検くらい全然苦にならないセレブですからね(注:セレブは悶絶しません)

 この産後6年間で私が一番変化したことといえば、「こけなくなった」ことが挙げられます。

 ライダーとして私が目指す形、それは「公道で事故らないこと」だと思っています。

 それは、ライディングテクニックを向上させることでもありますし無理のないツーリングプランを立てることでもあります。
 マシンの改造も(お金さえあればね。この6年、お金に余裕があった時期はございませんが←セレブ?)意欲的に挑戦したいです。

 それらすべては、とにかく「事故を起こさない」ための努力です。

 もちろん、そんなことは男性のライダーだって当然に心がけているのでしょうが、平均的な家庭の主婦(しかも子育て中)の私は特に事故を起こすわけにはいかない!
 夫に対してはちょっと酷な言い方ですが、奥さんがいる男性が事故を起こして入院したって、奥さんが荷物を運んでくれるし子供だって面倒みてくれる。
 仕事だって、数日休むくらいなら(針のむしろは自業自得としてね)有休も使えるし保険だって利く。
 でも、主婦はそうはいかないのです。主婦業は年中無休・24時間営業ですからね!
 特に私は外での仕事も持っていますし、子供の世話も夫の世話も誰にも頼めない状況にいます。

 もし私が骨折して入院したら、夫は迷わず息子達を病院に連れてくるでしょう。
 そしてベッドの妻に子守を任せて自分は出勤する。彼はそういう男(笑)
 そうしたら、私は「このまま私が入院していたら、この病院が怪獣X2に破壊されますけどそれでも良いんですか?」とお医者様を脅して無理に退院して折れた手足で子守をするしかありません。
 どんな夏の会談より怖いザマスガクガクブルブル
 骨折ですらその騒ぎですから、もっと思い症状で退院できなかったら?退院どころか人間卒業だったら??・・・怖くて想像もできません。
 いや、きちんと想像しなくてはダメですよね。
 私が死んでも、住宅ローンもチャラにならないし生命保険も微々たるもの。
 夫の死に比べて家族に貢献できるものがない。
 私には、生きて五体満足で家族に貢献しなくてはいけない義務があります。
 だから、必要以上に転倒に対して神経質になっています。


 で、実際に私が6年間に行った努力の内容とは、こんな感じになっています↓
 @筋力トレーニング
 出産で落ちた体力を補うため、また、椎間板ヘルニアによる腰痛を和らげるためにウォーキング・水泳・ジョギング・自転車トレーニングを行いました。
 体重は減っていませんが体脂肪率は出産前よりも7%減です。来年はハーフマラソンに挑戦するゼ!
 Aライディングスクールに参加
 プロの講師に正しい乗車テクニックを学びました。今年が初参加ですが、これからは年に一度定例化させようと思っています。
 Bソロツーリングに慣れる
 出産前は夫の金魚の糞でしたが、産後は一人で走るようになりました。
 マスツーリングも楽しいですが、「母ちゃん不在時直前病気症候群」を煩っている(イベントで母が出発間際になると、すぐさま熱をだすやつらの超能力)可愛い息子達のためドタキャンが増えて参加しなくなりました・・・一人ツーでも、慣れると楽しいよ!食事時だけちょっと寂しい^^;  C雨が降ったらツーリングを諦める
 昔は、雨でも雪でも台風でもツーに出かけたものでした。
 でも、ワタクシも大人になりましたので、天候が怪しいときは勇気を持ってツーリングを中止するようにしています。
 寒いし怖いしヤッテランネー・・・え、これって単なる老化!?

 この6年の間には、あまりに乗れない日々が続いて「不経済だから一旦バイクを手放そうか。乗りたくなったらまた買えばいいかな」と考えたこともありました。

 でも、一度手放すと、再び買うときには初期投資の高さにビビってしまってしり込みするような気がしたんです。
 だから、やっぱり手放さなくてよかったと、しみじみ思います。

 これからは、息子達も小学校にあがって自分の世界を持つようになりますからバイクに乗る時間も捻出しやすくなりそうです。
 自転車もマラソンも楽しいけれど、バイクも相変わらず楽しい。どれか一つに絞るのではなく全部楽しめたらいいなと。
 そう思っています。

 ちなみに、そんな能天気なオバチャンライダーの日常記録はコチラのブログでご紹介しています。

 中年大人女子ライダーにご興味のあるかた、遊びに来てくださいね☆

ページトップへ↑