某ダムにて

回顧録〜永遠の初心者ライダーのエッセイ

 小さな頃から体育が何より苦手で、趣味は読書と映画鑑賞
 そんな超インドア派OLが、何を思ったか23歳でバイク免許を取得しました
 こちらでは、幾多の立ちゴケを経験しながらも 50ccスクーター、CB125T、
CBR250RR、ディグリー(250ccオフロード)、そしてスズキ・SV1000Sへとステップアップした管理人の、苦労と栄光の軌跡をご紹介しています

師匠を抜いた日

 私には、たくさんのお師匠さまがいる。
 その中でも一番(一般部門)のイケメンは、相方の友人であり、NS400Rという超レアなバイクに乗っているO氏である。
 ちなみに個人的には相方@TL1000Rが一番の色男だと思っているが、これは単なる妻バカな気がするので「一般部門」とさせていただいた。
 よって、「ノロけてんじゃねぇよ!」と思って石を握り締めた諸君は投石をご遠慮願いたい。
 O氏は某会社の社長ご子息で、かつ股に穴の開いたジーンズを装着している(NSのエンジン熱で穴が開いたらしい)という、実にスター性のある人物である。
 O氏は私がCBR250RRに乗っていた頃、私の走りを見て”もっとアクセルを開けろ!そのバイクはもっとアクセルを開けて乗る乗り物だ!”と叱咤してくれた偉大な人物である。
 正直、そのときは”うるせぇな!開けられるもんなら、とっくに開けてるわい!(涙)”と思ったものだが、その後、思い切ってストレートでアクセルを開けてみるようになって、格段にバイクの挙動が安定することを発見した。
 ライテクに目覚めたばかりの初心者ライダーのかたは、向き変えや荷重移動などを試す前に、まずはアクセル開度を30%上昇させてみることを個人的にお勧めする。
が、それはともかくとして、そのO氏のアドバイスをきっかけにずいぶんとライディングが上達したので、ひそかに”お師匠さま”とお呼びしている。

 そして、晴れてビックバイクに乗り換えた私は、立ちゴケにビビリつつもお師匠さまとの再会に備えて猛特訓をした。
 お師匠さまに”なかなかやるじゃないか”と言ってもらいたいがために、毎週300kmを走りこんだのだ。
 私のそのストイックな姿勢は、永遠の美少女「ひろみ」や「こづえ」を彷彿とさせるものであったに違いない。
 そして、乗換えから3ヶ月後…
 相方がO氏を交えたミーティングを企画したというので、ちゃっかりメンバーに混ぜてもらい、彼との再開を果たした。

 そして、さりげなくお師匠さまの後ろから出発し、

 さりげなくお師匠さまをロックオンし…

 ブレーキの調子が悪くて悪戦苦闘しているお師匠さまを、おもうさま煽り倒した。

 おぉぉ…ごめんなさい。お師匠さまのマシンの調子が悪いのをいいことに、アクセル一発!排気量にまかせて追い抜きました。
 わたしは根性悪です…でもぉ、チャンスは見逃せなかったッ
 どんな手を使っても、一度は抜いてみたかったッて感じ?ていうか?エヘッ(無駄にギャル風)

 まぁ、卑怯きわまりない方法ではあったが、自分よりうまい人間を追い抜けるのは大変気持ち良いし、自信につながるものである。
 そして、そのツーリングでまたしてもお師匠さまに”一日に400km走ったくらいで、きついとかいうな。ワガママだぞ。”と怒られ、心を入れ替えた私であった。
 うーん。今度は、一日に800km走っても”あと500kmくらい走っとく?"と言えるライダーになろう。

 スーパーお姉ちゃんライダーへの道のりは遠い・・・

ページトップへ↑