SV1000Sと鳩子

大地まで何cm?〜シート高に悩むライダーへ

 小さな頃から体育が何より苦手で、趣味は読書と映画鑑賞
 そんな超インドア派OLが、何を思ったか23歳でバイク免許を取得しました
 こちらでは、幾多の立ちゴケを経験しながらも 50ccスクーター、CB125T、
CBR250RR、ディグリー(250ccオフロード)、そしてスズキ・SV1000Sへとステップアップした管理人の、苦労と栄光の軌跡をご紹介しています

フレームスライダーの装着

写真---260X214
 金額:忘れました。ごめんなさい!10000〜20000円です。

<GOOD>
 どんなに頑張っても、こけるときはこける。
 そんな時に効果を発揮するのがこのアイテムです。
 スライダーを装着しておくと、その高さの分バイクが地面から浮いてくれるので、地面とバイクとの間に楽に体を挟み込ませ、引き起こし作業が簡単になります。
 それから、転倒時にカウルを守ってくれるので、復旧予算が安く済むようになります。
 
<CAUTION>
 カウルは守ってもらえますが、ミラーやレバーは救われません。
 スライダーをつけてから、逆に被害が酷くなったような気もします。
 ただし、カウルと違って、レバーは少しでも曲がれば交換しなければいけませんから、被害が軽かろうが重かろうが交換費用は同じです。
 そういう意味では、スライダーによる交換費用の損失はありませんので、是非装着することをお勧めします。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • フレームスライダーの装着

ページトップへ↑