SV1000Sと鳩子

大地まで何cm?〜シート高に悩むライダーへ

 小さな頃から体育が何より苦手で、趣味は読書と映画鑑賞
 そんな超インドア派OLが、何を思ったか23歳でバイク免許を取得しました
 こちらでは、幾多の立ちゴケを経験しながらも 50ccスクーター、CB125T、
CBR250RR、ディグリー(250ccオフロード)、そしてスズキ・SV1000Sへとステップアップした管理人の、苦労と栄光の軌跡をご紹介しています

タイヤ交換

写真---260X190
金額:¥33,000-(工賃込み)

内容:DUNLOPのD221です。
<GOOD>
 カスタムするならまずタイヤ!
 そう断言できるくらい、別のバイクに生まれ変わります。
 ノーマルタイヤと比較すると、グリップ感が増して倒しこみが多少重くなります。。
 でも、コーナリング中の安定感が抜群に良くなるので、アクセルを開けるタイミングが速くなるし、開度も増大します。
 足つきに対する効果としては、停車直前のバイクのピッチングが減ります(対ミシュラン。理由は謎)。
 これにより、足をつくのが楽になりました。
 あと、接地感が増すので雨の日のライディングも怖くなくなりました。

<CAUTION>
 特にありません。
 寿命もノーマルと同程度だと思います。
 ちなみに、OEMタイヤは一般に購入するパイロットスポーツとは多少性能が違うのだそうです。
 多分、ちょっと長寿命でグリップが低めなのかな?
 もっと上のグレード(パイロットパワーとか)を履くと、グリップ感が全く違うのだろうと思います。
 金額も違うけどさ。
(端っこ余ってますねー)

ページトップへ↑