SV1000Sと鳩子

大地まで何cm?〜シート高に悩むライダーへ

 小さな頃から体育が何より苦手で、趣味は読書と映画鑑賞
 そんな超インドア派OLが、何を思ったか23歳でバイク免許を取得しました
 こちらでは、幾多の立ちゴケを経験しながらも 50ccスクーター、CB125T、
CBR250RR、ディグリー(250ccオフロード)、そしてスズキ・SV1000Sへとステップアップした管理人の、苦労と栄光の軌跡をご紹介しています

サスペンション・チューン

写真---260X190
金額:¥153,300-(前:¥85,470-/後:¥67,830-)

内容:
 スクーデリアオクムラさんで提供している、超有名な”MEチューン”です。
 フロントスプリング交換とバルビングというチューンを行いました。
<GOOD>
 なにもかも良くなりました。
 私がオクムラさんい出したオーダーとしては、”できるだけ車高をさげて、かつ、車体のバランスは極力崩さないようにお願いします”という、なんとも大雑把なものです。
 でも、魔法使いのお兄さん(メカニックさん)は笑顔で引き受けてくれました。
 (ついでに、担当のメカニックさんは非常に若くてイケメンでした。奥様、目の保養ですわよッ)
 まず、車高が25mmダウン。
 そして、停車時に車体がぶれずに、信じられないスムーズさ(ピッチングしてるんだけど怖くない。不思議不思議)で停車ができるようになりました。
 多少乱暴にブレーキをかけても、そのスムーズさは失われません。
 だから、ハードブレーキングOKです。
 あとは、コーナリング時に車体がとてもスムーズに倒れるようになりました。
 ちょっとくらいミスをしても、”大丈夫。僕に任せて!”といわんばかりに包み込んでくれます。
 惚れるね!

<CAUTION>
 たしかに金額は高めですが、バイクを買い換えたように感じるくらい変化があるので、非常にお勧めです。
 バイクライフが一段と楽しくなります。
 楽しさ、プライスレスです。
 サスペンションチューニングは、走りにこだわる人たちのためだけではなく、走りを気楽に楽しみたい人にも1000%お勧めです。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • サスペンション・チューン
  • 8
  • 9

ページトップへ↑