SV1000Sと鳩子

大地まで何cm?〜シート高に悩むライダーへ

 小さな頃から体育が何より苦手で、趣味は読書と映画鑑賞
 そんな超インドア派OLが、何を思ったか23歳でバイク免許を取得しました
 こちらでは、幾多の立ちゴケを経験しながらも 50ccスクーター、CB125T、
CBR250RR、ディグリー(250ccオフロード)、そしてスズキ・SV1000Sへとステップアップした管理人の、苦労と栄光の軌跡をご紹介しています

気迫で乗り切る

 バイクは、マインドの乗り物だと思います。
 「怖いな〜」と思うと、途端に曲がらなくなります。
 そして自由に足が出なくなります。こけやすくなります。
 だから、まず、”私はヤレル!”という、確固たる自信を持つことです。

 そして、こけそうになったらこの呪文を唱えてみてください。
「カウル10万円!」
「私のクラッチはブレンボだったぁッ!!」
「ミラーはアッシー交換!!!」


 この一コケで一体いくらの出費に・・・と考えると、自分でも信じられないようなパワーが体内から沸いてきます。
 私はこれで、幾度と無く救われました。
 ”あ、あ、あ…ダメだ!”と思った途端、ごろ〜んとやっちゃうんです。

 世間の、足つきに悩むライダーの方々。
 一緒に闘いましょう!お金をかけなくても、気迫だけでずいぶん改善できます!
 私も頑張ります。

ページトップへ↑