SV1000Sと鳩子

大地まで何cm?〜シート高に悩むライダーへ

 小さな頃から体育が何より苦手で、趣味は読書と映画鑑賞
 そんな超インドア派OLが、何を思ったか23歳でバイク免許を取得しました
 こちらでは、幾多の立ちゴケを経験しながらも 50ccスクーター、CB125T、
CBR250RR、ディグリー(250ccオフロード)、そしてスズキ・SV1000Sへとステップアップした管理人の、苦労と栄光の軌跡をご紹介しています

着地地点に気をつける

 まず、停車する前に、停車先の路面状況を観察します。
 砂が浮いていないか、路面の形はどうなっているかなどをよく確認しましょう。
 確認するだけで安心感がでて、気楽に足をつけるようになります。

かまぼこ  一般公道の場合、車の轍によって、路面上に凹凸ができていることが一般的です。また、水捌けをよくするために、道路の中央付近がカマボコ状に盛り上っていることがよくあります。
 従って、凹凸部の凹部(一番低いところ)にタイヤがくるように停車させると、足をつく場所は自然と凸部になります。
 写真は、かまぼこ型の道路を再現したものです。空き缶でカマボコ状に盛り上った段差を表現しています。
 赤いラインが道路形状の想定ラインです。
 実際には空き缶ほどの段差はなく、せいぜい2〜3cm程度ですが、体感的にははっきりと変化が感じ取れます。
 走行距離が長くなると疲労も蓄積しますので、足つき対策に限らず、かまぼこを利用する習慣を身に着けておくとツーリングが楽になります。

 停車する位置は、仲間のバイク(居る場合は)との位置も考慮します。
 立ちゴケしそうな人は、仲間の横に並ばないよう停車すると、”立ちゴケして巻き込むかもしれない”とか、”相手が倒れてきたらどうしよう”等の心配が減り、安心して停車できます。
 ・・・ただしこの場合、仲間のライダーには”話ができない!”などの苦情を言われるかもしれません(私はよく怒られました)が、ドミノ倒しになるよりマシです。
 怖くなければ、体が機敏に自由に動きます。つまり、こけにくいのです。

 停車する位置を決めたら、次に、腰をシートの端までおもいっきりずらします。

 そんなことしなくても、オイラは足つき楽勝だぜ!ずらす必要ないね!
 という江戸っ子の方も、だまされたと思ってずらしてみて下さい。
 車体を倒さずに停車できるようになるので、安心感がぐーっと大きくなります。
 ただしあまりに大げさに体重を移動させすぎると、そのアクションにつられてバイクが傾き、勢いあまってそのまま立ちゴケする・・・という場合もあります。
 特に皮パンのようなグリップの高い装備の場合はその傾向が強くなりますので、最初はハング量を少なめにし、徐々に増やしていってご自分なりのベストポジションを探ってみてくださいね。

 そして、足を地面につきます。
 もちろん、「かかとまでべったり」です。「バレリーナ」は危険です!

ページトップへ↑