SV1000Sと鳩子

大地まで何cm?〜シート高に悩むライダーへ

 小さな頃から体育が何より苦手で、趣味は読書と映画鑑賞
 そんな超インドア派OLが、何を思ったか23歳でバイク免許を取得しました
 こちらでは、幾多の立ちゴケを経験しながらも 50ccスクーター、CB125T、
CBR250RR、ディグリー(250ccオフロード)、そしてスズキ・SV1000Sへとステップアップした管理人の、苦労と栄光の軌跡をご紹介しています

ケーススタディを重ねる

 さまざまな立ちゴケのパターンを想像し、それに対する対処法を自分なりに決めておきます。
 こうすることでいわゆる「パニック限界」が上がり、トラブルに対して冷静に対応できるようになります。
 実際にトラブルにであった時は、なかなか想像どおりにはいかないものですが、少しでも冷静になることでパニックの時には気づけないような対処法が考えついたり、実行できると思います。
 たとえば、私の場合
 ”子供が突然飛び出してきた→フロントとリアのブレーキを目一杯かける→ロックしそうになったら、クラッチを切る→逃げられる路肩が無いか探す→うまく止まれたら、瞬時に腰をずらして、片足をべったりつく”
 ”停車時に突風が吹く→フロントとリアのブレーキをしっかりとかける→気持ち大げさに腰をずらす→片足をべったりと着く→体を低く構えて、風を受け難い体勢を作る→それでもダメなら、隣のライダーに大声で助けを呼ぶw”
 ”停車先の道路が極端なカマボコ型だった→一番高さが低いところにタイヤを位置させるよう、停車先を検討する→停車予定地近辺の状況を確認する(近くに車やバイクが止まっていると、倒れたときに迷惑をかけるから)→状況が悪ければ、すり抜けして列の先頭に出られないか模索する(停車列の先頭は横断歩道等になってて凹凸が平らであるが多いから)”
 特に、一度でも立ちゴケを経験した方は、「自分がこけるパターン」という良い教訓を得たと思って、何故こけたのか、次はどうやったら回避できるか、などのケーススタディにじっくり取り組んでください。
 どんな教則本を読むより、ずっと実際的に役に立つと思います。
 この方法は、私が取り組んだ対策の中で、一番効果があったように思います。
  • 1
  • ケーススタディを重ねる
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

ページトップへ↑