SV1000Sと鳩子

大地まで何cm?〜シート高に悩むライダーへ

 小さな頃から体育が何より苦手で、趣味は読書と映画鑑賞
 そんな超インドア派OLが、何を思ったか23歳でバイク免許を取得しました
 こちらでは、幾多の立ちゴケを経験しながらも 50ccスクーター、CB125T、
CBR250RR、ディグリー(250ccオフロード)、そしてスズキ・SV1000Sへとステップアップした管理人の、苦労と栄光の軌跡をご紹介しています

柔軟性を高める

 足つきに関して重要だとされているのは「腰をずらし、かかとまで足をつく」事だと思います。
 まずこれが大前提だと思いますが、これを実践するにあたって私が提案したいのは「股関節の柔軟性を高めておく」事です。

 股関節が硬いと、片足をつく際、シートから大幅に腰をハングさせなければなりません。
 そうすると、ギアチェンジで足を踏み変える際に、シート上で大きく体を移動させなければならず、そういった大きな動作が原因でバランスを崩し転倒する、という危険性が増します。 
 また、足の踏み替えを嫌って右足をつく、という方法もありますが、
 その方法では停車時にリアブレーキが踏めませんので、とても危険だと思います。

 股関節の柔軟性を高めると、シートから大幅に腰をずらすことなく足をつけるようになります。
 これにより、踏み替え時にバランスを崩しにくく、より安定して停発車できるようになります。
 さらに、関節が柔軟に動くとバイクの振動を吸収しやすくなるので、ロングレンジのツーリングでも疲れにくくなり、集中力を切らさずに乗れるようになります。

 股関節の柔軟に関しては、私は下記のサイトを参考にしました。
 この他にもネット上にはたくさん情報があると思います。
 良いサイトがあれば、是非私にも教えてください。

 「腰痛対策!股関節・腿裏の柔軟性チェック - [男のエクササイズ]All About」
 「股関節のストレッチ」

ページトップへ↑